消費者インサイトとは?インサイトを捉える重要性と調査方法を解説

消費者インサイトとは

概要

消費者インサイトとは消費者の行動、考え方、価値観、ニーズなどに関する深い理解を意味します。消費者インサイトはマーケターが消費者に対して効果的なマーケティングを行うためのキーとなります。

ニーズとの違い

消費者ニーズは消費者が満たしたい需要や欲求を意味します。一方、消費者インサイトは消費者のニーズだけでなく、消費者の行動や価値観などに関する深い理解を意味します。

消費者インサイトを捉える重要性

消費者は自分の行動や欲求の理由を把握していない

消費者は自分がなぜある商品を選んだのか、なぜあるサービスを利用するのか、自分では明確に理解していない場合があります。消費者の行動や欲求の理由を正確に把握することは、マーケターが消費者に対して効果的なマーケティングを行う上で非常に重要です。

消費者の商品の選択方法が変化している

現代の社会は技術の進化や経済の発展に伴い、消費者の購買行動に大きな変化が起こっています。例えば、インターネットなどのテクノロジーの利用により消費者は自宅で商品情報を検索し、比較できるようになったり、ソーシャルメディアの影響力が高まったことにより、友人や家族からの商品のレコメンデーションの影響力が高まったりと、消費者の商品の選択方法が変化しています。このような状況では、消費者インサイトを捉えることが、マーケターが消費者に対して効果的なマーケティングを行う上で重要な役割を果たすことになります。

消費者インサイトの調査方法|強みとメリットも紹介

顧客アンケート・インタビュー

顧客アンケート・インタビューとは直接顧客に質問をすることによって消費者インサイトを得る方法です。顧客アンケートは多数の顧客に対して問題集を配布することで行います。一方、顧客インタビューは少数の顧客に対して直接面談を行い、消費者のニーズや行動などに関するインサイトを得ることができます。

強み

  • 詳細な情報収集が可能であり、消費者の意図やニーズを深く理解できる。
  • 複数の質問項目によって幅広い情報を収集できる。
  • 質問内容やアプローチをカスタマイズすることで特定のテーマに焦点を当てられる。

メリット

  • 個別の意見や考え方を把握しやすい。
  • インタビューでは非言語的な情報も収集できるため、真の意図が垣間見えることがある。

ソーシャルリスニング

ソーシャルリスニングはソーシャルメディア上での消費者のコミュニケーションを監視することで消費者インサイトを得る方法です。ソーシャルメディア上で消費者が話題にしている製品やブランドに関する情報を抽出することで、消費者のニーズや行動などに関するインサイトを得ることができます。

強み

  • リアルタイムで消費者の反応を把握できる。
  • 大量のデータからトレンドやパターンを発見しやすい。
  • 匿名性が高いため、率直な意見が得られる。

メリット

  • ブランドや製品に関する広範なパブリックな意見を把握できる。
  • 現在の話題や感情を把握することで、即座に調整が可能。

行動観察調査

行動観察調査は消費者の行動や消費環境などを観察することで消費者インサイトを得る方法です。消費者が製品を使用する際の行動や、消費環境などを観察することで消費者のニーズや行動などに関するインサイトを得ることができます。

強み

  • 実際の行動が示す情報があり、言葉によるバイアスを排除できる。
  • 購買行動や製品使用のパターンを直接把握できる。

メリット

  • 潜在的なニーズや好みを把握しやすい。
  • 言語化しづらい行動をとらえることができる。

MROC

MROC(Market Research Online Community)はオンライン上に作られたコミュニティを通じて消費者インサイトを得る方法です。消費者が参加することで、製品やブランドに対する意見や消費者のニーズなどに関するインサイトを得ることができます。また、コミュニケーションを通じて消費者との信頼関係を築いた上で、消費者の行動や消費傾向などの情報を収集することもできます。

強み

  • 長期間にわたるコミュニケーションによって深い理解が可能。
  • コミュニティメンバー同士の対話が新たな洞察を生むことがある。
  • インサイトを継続的に収集し、トレンドの変化を追跡できる。

メリット

  • 参加者がブランドや製品に対して共感的であるため、深い洞察が得られる。
  • リアルタイムでの対話がアイデアの共有や製品開発に役立つ。

まとめ

消費者インサイトは製品やサービスの開発やマーケティング戦略の立案などに不可欠な情報です。消費者のニーズや行動を把握することで企業はより効果的な製品やサービスを提供できます。また、市場環境は常に変化しているため定期的な消費者インサイトの調査・分析が重要であり、企業は常に市場動向に注意を払うことが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2023/09/26】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ4選

ページトップへ