市場調査とは?調査プロセスと代表的な手法を解説

市場調査とは

概要

市場調査とは、ある市場、その市場で販売する製品やサービス、その製品やサービスの過去・現在・将来の顧客に関する情報を収集し、分析・解釈する体系的なプロセスです。ビジネスのターゲット市場、業界全体、特定の競合他社の特徴、消費習慣、場所、ニーズに関する調査です。

定量調査

定量的なデータや情報を収集するための調査方法です。このタイプの調査では、統計的分析と数値データを用いて特定の質問や仮説に回答します。態度、意見、行動、その他定義された変数を測定し、定量化するために使用されます。定量調査の方法には、アンケート調査、世論調査、その他の構造化されたデータ収集方法が含まれます。

定性調査

定性調査とは、根本的な理由、意見、動機を理解するために用いられる調査方法です。問題に対する洞察を得たり、定量調査のためのアイデアや仮説を構築するのに役立ちます。定性調査の方法には、フォーカスグループ、デプスインタビュー、エスノグラフィック調査などがあります。定量調査とは異なり、定性調査は変数間の統計的に有意な関係を見つけることではなく、個人の経験や視点を探求し理解することに重点を置いています。

市場調査のプロセス

問題・目的の明確化

市場調査プロセスの最初のステップは、問題と目的を定義することです。これは問題に対処するために必要な情報を特定し調査の目的を決定することです。

計画

次のステップは、リサーチの計画を立てることです。これにはリサーチデザインの定義、サンプルサイズの決定、データ収集方法の選定が含まれます。

情報収集

データ収集とは、さまざまな情報源から情報を集めるプロセスです。これにはフォーカスグループ、インタビュー、行動観察などが含まれます。

分析

次のステップは、データを分析することです。これは、データを整理し、要約し、解釈して、パターン、関係、洞察を明らかにすることです。

分析結果を元に戦略を決める

最後に、分析結果をもとに、ビジネスの戦略を策定します。これには、製品開発、マーケティング戦略、顧客サービスの改善、その他、市場により良いサービスを提供し、調査の目的を達成するための取り組みが含まれます。

市場調査の代表的な手法

アンケート調査

アンケート調査は、市場調査におけるデータ収集の一般的な方法です。オンライン、電話、郵送、または直接会って実施することができます。アンケートは、構造化、半構造化、非構造化が可能で、定性データと定量データの両方を収集できるよう設計されています。

ビッグデータ分析

ビッグデータ分析とは、大規模かつ複雑なデータセットを使用して、パターンや傾向を特定する手法です。顧客の行動や嗜好を把握し、ビジネス上の意思決定に役立てるために利用されます。

インタビュー調査

インタビュー調査は、市場調査における定性データの収集手法の一つです。インタビューは、対面、電話、オンラインなどで行われ、構造化されているものとされていないものがあります。インタビューは、個人の経験や考え方をより深く理解するために行われることが多いです。

街頭調査

街頭調査はインターセプト調査とも呼ばれ公共の場で人々にインタビューすることによってデータを収集する方法です。街頭調査は特定の場所での消費者行動、態度、意見に関するデータを収集するためによく使われます。特定の地域でデータを収集するには、迅速かつ費用対効果の高い方法です。

まとめ

市場調査とは、市場、製品・サービス、顧客に関する情報を収集・分析し、ビジネスの意思決定に役立てるための体系的なプロセスです。市場調査の方法には、アンケート調査、ビッグデータ解析、インタビュー調査、街頭調査など、さまざまな方法があり、市場や顧客を理解することは、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行い、今日の競争の激しいビジネス環境において成功を収めるために非常に重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ