Yahooショッピングに出店するメリットを解説。無料でネットショップを始めて販路を拡大しよう

はじめに

Yahoo!ショッピングは、日本での出店数が約90万店舗もある出店者数のもっとも多いモール型のECです。コストの安さに魅力を感じ、多くの事業者が最初の出店先として選んでいます。そんなYahoo!ショッピングですが、自社ECではニッチすぎるという出品でも、Yahoo!ショッピングで顧客を見つけ、ビジネスを成功させている例も少なくありません。また、競争は激しいものの、Yahoo!からの検索流入も狙えるので、運営開始から数ヶ月で売上が500万円を超えるケースがあるなど、スピーディーな事業展開ができる可能性があるのもYahoo!ショッピングの魅力と言えるでしょう。

 

 

Yahoo!ショッピングに出店するメリット

売上の増加

Yahoo!ショッピングの利用者は3000万人もおり、日本中のお客様に商売を行うことができます。競合店舗も多いため競争はありますが、適切な商品選びと商品説明、発送を行えば売上アップは十分に期待できます

 

ブランド認知向上

Yahoo!ショッピングは3000万人もの利用者を抱えるサービスですから、売れ筋ランキングに掲載されると、その商品・ブランドは多くの人からの認知を獲得できたということができます。自社ECと合わせて展開する事で、より大きなビジネスを展開していくための布石としての利用も可能です。自社ECだと、広告を出稿したり、SNSでフォロワーを増やしたりしないとお客様がこないですが、Yahoo!ショッピングでは、Yahoo!というプラットフォームから、検索流入という形で人を連れてくることもできるので、認知を獲得する際のコストも比較的低コストで済む場合もあります。

 

出店コストが低い

Yahoo!ショッピングは初期の導入費用と、月額費用の両方が無料です。つまり、Yahoo!ショッピングで店舗運営を行う場合にかかってくる費用は、売上のパーセンテージでかかってくる、ポイント費用などだけです*。Amazonでは月額費用が5000円以上かかったり、楽天に至っては店舗の開設に10万円以上かかることも珍しくないことを考えると、Yahoo!ショッピングは他のモール型の出店方法よりも非常に低コストだと言えます
*ポイント負担費用が売上にパーセンテージでかかりますが、他社の売上ロイヤリティとは性質の異なるものです。このポイント負担はお客様に還元されるものとなっています。

 

リスク低減

コロナウィルスによる実店舗の売上低下は周知ですが、他で展開していたECのアカウントが停止になってしまったり、決済サービスが利用できなくなるなど、意外にもリスクは潜んでいるものです。そういった点で、低コストかつ、売上課金のYahoo!ショッピングという販売面を持っていることは、リスク分散につながると言えるのではないでしょうか

 

 

Yahoo!ショッピング出店の成功事例

地域の品物を扱うネットショップ。開店4ヶ月で売上500万円を突破。

親戚や農家が抱える課題を解決したいと、始めたYahoo!ショッピングでのネット販売。熊本を中心とした九州産物を取り扱っていて、柑橘(かんきつ)類や野菜の販売が収益の柱となっているようです。無料のメルマガの配信や Yahoo!からの検索流入があることを魅力に感じて、Yahoo!ショッピングへの出店を決めたようで、実際に開店4ヶ月で売上500万円を突破したそうです。

https://business-ec.yahoo.co.jp/shopping/example/case9/

 

町の商店街のお店がYahoo!ショッピング開店で月商300万円に。

町の商店街で薬局を営んでいたそうですが、美容機器の販売に伸び悩んでいた時にヤフオクに商品を出品したのがEC参入のきっかけ。その後も知識のなかったところから、自らの努力でYahoo!ショッピングにも販路を拡大しました。結果的に開店から1年足らずで月商300万円を売り上げるお店へと成長しました。当初は梱包や配送に苦労していたようですが、現在ではそういった作業は Yahoo!ショッピング提携のロジスティクスサービスにアウトソースし、運営を行っているそうです。

https://business-ec.yahoo.co.jp/shopping/example/case10/

 

スニーカー専門のECで売上アップ&新規顧客を獲得

卸売業を営んでいたとことからECを展開したこちらの販売主さん。EC参入当初から Yahoo!ショッピングで販売を行っていたそうですが、Yahoo!ショッピングが月額費用などを無料にしたことをきっかけにYahoo!ショッピングに特に注力した結果、売上を前年比180%に成長させることに成功しています。さらに、商品購入者が他モールからの流入ではなく、新規のお客様が多いということで、幅広い人に向けて商売ができている実感があるそうです。

https://business-ec.yahoo.co.jp/shopping/example/case2/

 

ネットショップ運営を通じて、町おこしを実現

ネットショップでは地理的な制約を超えて販売できることが魅力です。こちらの販売主さんは、商品販売を通じて地域活性化につながるのではないかと考え、Yahoo!ショッピングへの出店を決めました。出店費用が無料ということがYahoo!ショッピングを選んだ一番の決め手だったそうですが、大規模なセールを通じて、多くのお客様にアピールできることがモール型出店・Yahoo!ショッピングの魅力だと語っていました。

https://business-ec.yahoo.co.jp/shopping/example/case7/

 

 

注意点や落とし穴

競合に埋もれやすい

Yahoo!ショッピングには約90万店もの店舗が出店しています。これはYahoo!ショッピングの手軽さや、サービスが魅力的だという反面、多くの競合に埋もれてしまいやすいという、リスクだとも捉えられます。競合とどう差別化するのか、流入をとってくるのか、という戦略が必要になりますし、場合によっては他の出店先の方が向いているケースも少なくありません。本気でECで売上を立てたいとお考えなのでしたら、一度プロに相談して、本当にYahoo!ショッピングが出店先としてベストなのか、といったところから相談をするもの良いかもしれません

 

商品選び

Yahoo!ショッピングには人気カテゴリとそうではないカテゴリが存在します。ユーザーが求める商材を選び、その中で競争優位性のある商品を出品する必要があります。自社で販売予定の商品カテゴリで、どのような商品展開がなされているのかを検討したり、必要によってはプロに相談するなどして、商品を選定・企画しましょう。さらに、 Yahoo!ショッピングはYahoo!からの流入が期待できることも魅力なので、Yahoo!の検索ボリュームを調べてみるのも非常に有効です。そういった検討を踏まえて、同じ検索結果に出てくる商品と比べて安い価格の商品を仕入・販売する必要があると言えるでしょう

 

集客コスト

Yahoo!ショッピングは、他のサービスが有料で提供している部分を無料でサービス展開しているので、ほとんどコストをかけることなく売上を立てられるのではないかという幻想を抱いてしまいがちです。しかし先にも書きましたが、Yahoo!ショッピング内での熾烈な競争を勝ち抜く必要があります。そのためにはどうしても広告費用などが必要になってきます。その費用については、戦略や商品などによって上下しますが、少なくとも、全くコストをかけることなく売上が上がるというような考えは捨てる必要があります

 

店舗構築を行う必要がある

無料で始められるからとりあえず出店しようとYahoo!ショッピングの利用を開始する方が多いですが、Amazonとは違い、Yahoo!ショッピングでは自分で店舗を構築する必要があります。楽天も自分で構築を行う必要がありますが、費用がかかることなどから、その点を考慮して出店する場合がほとんどです。対してYahoo!ショッピングの場合は、無料なのでとりあえず…、という考えで出店を決めてしまう人が一定数いるので、この店舗構築の大変さに面食らってしまう場合が珍しくありません。また、構築自体はそこまで難しくはないものの、差別化を考えた時にはコーディング作業を伴う構築が必要になってきますので、そういった知見やコストが必要になることもあらかじめ考慮しておいた方が良いでしょう。

 

 

Yahoo!ショッピング出店の流れ

Yahoo! JAPAN ID の作成

こちらはすでにお持ちの場合が多いかもしれませんが、出店申込をする上で、Yahoo! JAPAN ID が必要になってきます。こちらをお持ちで無い場合は、あらかじめ作成しておきましょう。

 

出店申込

Yahoo!ショッピングでは出店審査があるのですが、その審査を受けるにあたって、出店申込を完了する必要があります。
申込にあたっては以下の情報が必要になりますので、事前に揃えておくと申込がスムーズになります。

・Yahoo! JAPAN ID
・クレジットカード情報
・銀行口座情報
・会社情報
・代表者情報
・出品予定商材情報
・開業届写し(個人事業主の場合のみ)
・住民税の納税書写し(個人事業主の場合のみ)

これらの情報を基に、画面内の項目を埋めていけば申込が完了できます。
※中古品や、酒、衣料品、コンタクトレンズ、ブランド品、レンタル商材、役務・サービス商材を取り扱う予定の場合は、別に免許情報などを提示する必要があります。

 

契約審査

Yahoo!ショッピングでは申込内容を基に審査が行われます。こちらの審査が通過すると、開店準備を進めることができます。

 

開店準備

審査が通ったら、開店準備を行います。
行う必要のある項目については以下のようなものがあげられます。

・支払い方法・配送方法・送料の設定
・配送グループの指定
・お届け情報の設定
・アラート・通知設定
・ストア情報の設定
・買い物ガイドの設定
・プライバシーポリシーの設定
・商品登録
・ストアデザイン

これらの設定・登録が終わると開店申請を行い、開店が可能かの審査を受けることができます。

Yahoo!ショッピングではこれらの開店準備を1ヶ月以内に行うことが求められています。そのため、リソースが足りないなどの事情がある場合は、外注できる部分については速やかに外注をしてしまうというのも一つの手です。

 

開店審査

開店申請の情報を基に開店についての審査が行われます。この審査に通過すると、晴れてYahoo!ショッピングでの販売ができるようになります。

CTA画像
ECを始めるべきか、年商何億円を目指せるのか、など広範な悩みにお答えします。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

株式会社a general studio > EC運営お役立ちブログ > 出店検討 > EC CUBEの評判や使い方は。世界最大のEC構築パッケージの事例や費用を解説

ページトップへ